1/29「展示」

    このあいだから絵の展示を夏休みにでもやりたいなあ、と考えていたが、ちょっと待て、べつにすぐにやったって構いやしないんじゃないか、と思い立ったが吉日、ってんで、どこかいいレンタルスペースないかと探したところ、あった。とくに予定のなかった2月14日(日)も会場は空いていた。

東急目黒線大井町線大岡山駅より徒歩3分の好立地。
普段は店舗/ギャラリー/ワークショップとして使用の為、清潔感がありおしゃれな空間です。
フランスの雑貨店を意識した白を基調、パープルの壁、展示できるショウウィンドウ、ニッチ、アンティーク~アンティーク調の家具、アイアン飾りがあります。

    価格も手頃でこれなら文学フリマの参加費と変わらないし、雑居ビルの上の階とか最悪会議室みたいなところでも仕方ないかー、くらいに考えていたので、ここなら道に面しているのでふらっと入ってくれるひともいるかもわからないし、なにより写真で見るかぎりこの明るい雰囲気が、気楽に入ってきてもらえそうでよかった。備え付けの家具をうまく利用して空間をつくりだし、日常生活で絵を飾る楽しさみたいなのを出せたらいいなと思う。

    いま81枚描いたので全部飾れるわけではないので、どの絵を額装して持っていこうか。厳選しなければならないが、まあ、紙だけの状態なら一応全部持っていくことはできるのであまり考えすぎずに選びたい。なんにせよあと二週間しかないので、準備を今からはじめていくつもり。

    緊急事態宣言がのびるかのびないかわからない状態なんだけど、絵の展示なら声を出さずに眺められるし、小さい会場なので長い時間の滞在にはほとんどならないと判断し、行うことにした。そうはいっても、少しは話をしたい気持ちももちろんある。当日は電気ケトルも借りれるのであたたかい飲み物くらいは出せそう。誰かとちょっとコーヒーでも呑みながら絵を眺めながら本の話とかできたら楽しそうだと思っている。