3/5「常磐線」

    仕事帰りに世界堂に行ってドローイングペンを買った。家に帰ってから早速試してみたら、パステルと違って準備が楽だし、手は汚れないしすごく気楽。パッパッパッと書くので頭の体操って感じで面白い。絵と短歌を合わせたのを描いてみたり、新しい遊びを見つけた気分。

 『『罪と罰』を読まない』を読んでたら『罪と罰』が読みたくなった。一昨年、茨城でフルマラソンを走った時の帰りに水戸駅で上巻を買って、常磐線の中で読んでいたが途中で読むのをやめてしまっている。わたしの読書でやりたいことのひとつがドストエフスキーを制覇してから山城むつみの『ドストエフスキー』を読むことである。さすがに制覇は無理でも有名どころをある程度読んだら挑んでみたいところだ。

    夏目漱石はいま『4』の「虞美人草」をまずまずのペースで読み進められるようになってきた。読みたい本がたくさんあるけど、夏目漱石さえ順調に進められればあとはその時の気分で読みたいのを読めばいいのだ。それでいいのだ。