4/16「一ヶ月」

    久しぶりの日記。三月半ばに第一子が産まれて何かやることを減らさないと無理が出ると思い、今年のさいしょから毎日継続していた日記を思いきってやめれば、楽になるし、日記がいちばん続けたいと思っていたことだから、これさえやめてしまえば、他のことをやめるのも簡単だろうということで休止することにした。結果、日記、読書、Twitterの時間が激減したけれど、無事、子どもの一ヶ月検診を終えることができてほっとしている。育児はわからないことも多くてやっぱり大変だけれど、楽しいこともたくさんある。

    そんな状況だけれど、今日は仕事帰りに川合大祐さんの第二句集『リバー・ワールド』を買った。第一句集『川柳句集 スロー・リバー』も大好きで、日々Twitterで投稿している川合さんのツイートも楽しく見ている。時間がない時は詩歌に手を伸ばす機会が増える。時間がないからこそ逆に詩集や歌集、句集を読むチャンスととらえたい。それにしても『リバー・ワールド』は分厚い。1001句あるらしい。創作を継続する凄みが詰まった句集だなと思った。少しだけ電車内で読んだが、あまりに楽しくわくわくが止まらない。