4/17「ことばと」

    今日は仕事帰りに『ことばと』3号を買った。ことばと新人賞の受賞作が載ってるのでチェック。創作では詩人の名前もあり(以前から小説も書いていたから越境しているとまでは言えないかもしれないが)、『ことばと』は小説以外で活躍する新人の書き手に積極的に新しい小説を書くのを求めているように見える。まあでもこれは、他の文芸誌でも同じようなところはあるかもしれない。いっときは劇作家がつぎつぎに登場し、いまは芸人、ミュージシャンの名前を見るのは当たり前になってきた。いや、昔から辻仁成町田康いるじゃんって気もしてきた。わからなくなってきました。

     明日は絵の展示なので準備をしている。二月の前回から新しく描いた絵を何枚か入れ換えたり、読書コーナーに置く本を決めた。前回は私家版詩集が多かったんだけど、今回は控えめにして、さいきんの詩歌や作りが面白かったり美しい本で室内を彩る感じにしたくなったのでそうする。

    荷物がすごい。