4/20「アクリル」

    仕事帰りにF0キャンバスを世界堂で3枚購入。帰ってから晩御飯を食べて、子どもが寝ている間にアクリルで抽象画を描きながら、同時進行で『読書のおとも』の執筆者に原稿で確認したいところがあったので連絡した。アクリルは描いててほんとうに楽しかった。パステルの風景画は細かい作業をしている気分だけど、こっちはもっと大胆で自由な気分になれる。もしかしたらこっちの方が向いてるんじゃないかというくらい。いつかこの小さいキャンバスにアクリルの展示をしてみたくなった。とりあえず20枚くらいは描いてみたい。絵を売るということはあまり考えてなかったけど、かりにオンラインショップで販売するとするなら、この小さいキャンバスがちょうどいいような気がする。これなら手頃な価格で販売できそうだし、と始まったばかりなのにいろいろ考えてる自分がいる。でもほんとうに今日描いた二枚目の絵なんかは、朧げながらこういう感じのが描いてみたいと想像していた絵に近いものが描けた気がしてすごくうれしかった。描くまえに完成形が見えてなかったのにやっていくうちに、あ、こんな感じか、と途中で気づく、それが大変面白かった。また今度描いてみるつもりだ。絵を描いたら『現代アートとは何か』が読みたくなったので今晩はこれを読んで寝る。絵を描くのは楽しい。