5/8「開催」

    文学フリマは開催が決定したとのこと。参加者の多くが中止を覚悟していたと思うのでいざやれるとなっても、参加をどうしようか悩む部分もあると思う。売る側も買う側もそれぞれがそれぞれの選択をするしかないと思うけど、またいずれチャンスはあるだろうし、無理だけはしないでほしいなと思う。わたしは参加するけれど、感染症対策や体調をきっちり整えて、気を引き締めてやりたい。とりあえずわたしのブースは店番交代制をとる予定なので、店番のスケジュールを決めるつもり。ZINEとトートバッグを販売する以外に、もし机にスペースが余ってたら、絵の展示&販売もするつもりで、明日明後日は絵を描くつもりでいる。この状況なのでまだ未定なのだけど、6月に本屋さんで展示をする可能性もあるので。

     今日は『世界の紙を巡る旅』を読んだ。Twitterや手書きノートに感想を書いたので、ここでは書かないけれど、とても良い本だった。本の作りはきっと素敵だろうと予想していたけれど、紙への愛着が伝わってくる文章も素晴らしくて今年読んだ本のなかでも上位にくるくらい好きだ。