5/10「下半期どうしようか」

    まだ一ヶ月以上はあるとはいえ、そろそろ上半期の終わりがみえ下半期がやってくる気配がある。通常なら梅雨があけたら夏がやってきてさあ遊ぶぞ、という気持ちになるはずだが新型コロナでそういうわけにもいかない。無茶苦茶暑い外でマスクするのを想像するだけでも、うーん、という感じではある。だからやっぱり家で過ごすことになりそうだし、いまのうちからやりたいことの方向性を決めておきたいとは思う。文学フリマが終わったら区切りもいいし、新しく文章を書き出してそれを夏休みを使ってじっくり完成させるみたいなことを考えていて、いまも書いていてそれはやりたい。小説か評論かになりそうだけどまだわからない。腰をすえて書いたのを公募に出してみたいなというところ。上半期も評論はひとつ出したけど、絵を描いたりZINEつくったりの合間にやってたから、それだけに集中して、ってやり方を試してみたい。まあ、試したところでけっきょく他の作業も入れた方がはかどる可能性はおおいにあるんだけど、ひとつのことをやり遂げる創作にも憧れがある。Twitterせずに黙々とつくっては公募に出して受賞を目指すなんてのにはほんとうに憧れがある。けどたぶん自分にはできないってのもわかってはいるのだけど、数ヶ月の短期間でならできるんじゃないかという気もするので、下半期は上半期とはちがう方法を試してみたいのであった。