6/28「大森」

    今日は子どもを連れて三人で大森に行った。水辺のあるところに行きたかったのと、まだ行ったことがない本屋で行きたいところを考えたらあんず文庫だった。Pippoさんのインタビュー集『一篇の詩に出会った話』であんず文庫の店主が室生犀星について話していてそれが面白かったのでいつか行ってみたいと思っていた。店は14時開店だったが早めに家を出て大森に着いたら大森海岸の方まで歩き京浜運河に行って絵に描くための写真を撮った。抱っこ紐の子どもの身体と胸で触れていたので暑くて汗をかいた。湯タンポを胸に抱えているみたいだ。帰りは大森駅までバスで戻ったがクーラーが効いていて生き返る心地がした。バスに乗っているあいだはミルクをあげてバスを下りたら駅のアトレ内でオムツ交換。子どもが生まれてからは外に出かける時、出掛けた先にキッズルームや授乳室がなかったら、どうにもならないということを知った。ほんとうにそうした設備があることがありがたかった。駅前に寿司屋があって入りたかったが赤ん坊を連れては無理そうだったので回転寿司へ。ちゃちゃっと食べて出れるしそうした。食べ終えてちょっとブックオフをのぞいたりしてからあんず文庫。入ってすぐに良い雰囲気のお店だと思い、子どもを妻にあずけてじっくり本棚を眺める。ずっと読みたかった『校正者の日記 二〇一九年』を見つけて無茶苦茶うれしかった。『さようなら、ギャングたち』の単行本と『365日のほん』も購入。店主さんに『一篇の詩に出会った話』を読んだとお伝えしてから少し話をした。双子のライオン堂にZINEを置いてもらってると話したら、竹田さんの『めんどくさい本屋』を出版した本の種出版が大森にあると聞いてへぇそうなんだと思って、もしかして知ってるかと思って、そういやきのうTwitterで流れてた双子のライオン堂の扉の絵を描いたのは自分なんですよと伝えたら、絵を目にしてたみたいでなんかライオン堂トークがつながって盛り上がって楽しかった。ありがとうライオン堂。で、今日は家族三人だったからゆっくりできなかったけど、今度は一人で行って本を買うだけじゃなく、珈琲や洋酒をゆっくり飲みたいと思った。とても好きな店だった。ところで7月11日にまた絵の展示をするのだがそのギャラリーが青物横丁駅だからよく考えたら大森はけっこう近かった。それでああもうやらなくちゃという気もしてきて、新作用のキャンバスを買ったのでこれから描く。アクリル画多めでパステルも混ぜて20枚くらい用意するつもり。とりあえず今日から11日までは絵のモード。