8/22「物件」

    昨日、急にアトリエ兼本屋がやりたいと思い立ち、今日は気になった物件を見に行った。急に、とは言っても本屋自体は前々からやりたい気持ちはあった。しかし、昨年のコロナ禍でいま店舗を持つことに躊躇する部分があって先延ばしにしていた。ただ昨年から絵を描き始めたことで作品が増えて家が手狭になってきてどこかにアトリエを持ちたくなり、さらに、本もだいぶ増えてきてそろそろ限界というところもあるので、とりあえずアトリエをつくって、その後、古物商をとったら古本売買、できたら私家版詩集やZINEの新本を置く形にできないか。そんなふうなことを思った。で、思い立ったが吉日、ってんで、電話して物件を見に行った。駅近いし家賃は東京にしては格安、室内の大きさもちょうどよかったのだけど、入り口がわかりにくい、というか、庭の木や草が生え放題で2023年に建物を建て壊す予定とのことだったので、やれて今年の残りと来年。思い切ってやってしまうのも手だがこれが一件目だし、もっと他の物件も見た方がよかろうと保留することに。で、夜はその話や本屋についての話をスペースで一人語りした。先週の川村のどかさんとの二人でのスペースとは違う感じになりそうだと想像してたけどやってみるとやっぱなんか違った。ずっと一人だと休めないし同じことをぐるぐる話してる気がしたし、前回はレジュメを作ったけど今回は何も用意せず思うままに話したから思考するより前に言葉が出てくるみたいな状態で、文章で言うところの初稿みたいで、誤字脱字というより根本のところで抜けが出ているところもあった。にもかかわらず、聴いてくれる方々がいてとてもありがたかった。これからも物件は探していくけど情報の更新はスペースで継続するつもりでいる。どうなるかは本当にわからない。一人だったらあまり考えずに行動を移すが家族もあるので自分一人で全部を決められることではないので。スペースを聴いてくださった方に、NENOiでの個展を楽しみにしているとおっしゃってもらえて嬉しかった。準備は粛々と進めている。新しいことをするのも大切だが、すでに決まっていることをしっかりこなすことも必要だろう。やるべきことをやっていく、という当たり前のことを改めて実感した日だった。